【Youtuber必見!】サムネイル作成に関して知っておきたい点5選!

  • 2022年5月23日
  • 2022年5月23日
  • コラム
  • 2回
  • 0件

 

サムネイルの作成において知っておかなければならないことがいくつかある事を知っていますか?
これを知っておけばサムネイルの作成から、Youtubeの運営を安心して行うことができます!本記事でサムネイルについての豆知識をいくつかご紹介しますのでぜひご活用ください!

サムネイル作成を徹底解説!

 

過去の関連記事

SANKUスクール|杉並区世田谷区のパソコン教室

ANNWNのお役立ちコラム前編です。今回はYouTube活動について掲載しております。YouTube活動を行う上で注意し…

SANKUスクール|杉並区世田谷区のパソコン教室

ANNWNのお役立ちコラム前編です。今回は、動画編集だけでなくパソコンを触る上で理解しておきたい「拡張子」について記事に…

 

 

管理人
サムネイルは、動画のクリック率に影響を与えるくらい大事な要素の一つだよ!

 

1.最適なサムネイルのサイズ!

 

サムネイルサイズ解説写真

 

サムネイルのサイズは基本下記のサイズで作成すれば問題なく使用することができます。

「横:1280px×縦:720px」このサイズはYoutubeヘルプにも記載されている推奨サムネイルの解像度となっており、下記写真のように記載されています。

 


 

Youtubeガイドライン写真

 

人によってサイズが多少前後する場合もありますが、Youtubeヘルプに記載されている情報を参考にして作成すれば問題ありません。パソコンやスマホで見た時もアスペクト比は「16:9」になるので、基本的には「横:1280px×縦:720px」の解像度で作るようにしましょう。

 


2.コミュニティガイドライン

 

サムネイルの作成はYoutubeの運用において重要な作業の1つです。

見た目の悪いサムネイルを使用すればその分再生数は取れないと言っても過言ではありません。再生数が取れない=クリックされていないので、露出の範囲も限られてきます。Youtubeの性質上、クリック率が低くなると露出範囲が狭くなってしまうのでその分再生か数が伸びない状態に陥ってしまいます。クリックしたくなるようなサムネイル、いわゆる「釣りサムネ」を使用しているYoutuberも多く見かけますが、そのようなサムネイルを使用する際はYoutubeのコミュニティガイドラインに沿っているのかを確認するようにしてください。

 

 

コミュニティガイドライン

 

上記の画像にも記載されているコンテンツが明記されているサムネイルは報告対象となり、アカウントの停止、最悪アカウントの削除(アカBAN)をされてしまう可能性があります。コミュニティガイドラインはYoutubeを運営していく上で絶対に守らなければいけないルールなので、しっかり確認して運営していくことを推奨します。

 


3.サムネイル作成におすすめのソフト

 

サムネイルはなにを使って作成するのか知っていますか?基本的にはソフトやアプリケー
ションを使って作成していきます。サムネイルの作成におすすめのソフトをご紹介します

 

無料ソフト
canva
GIMP

有料ソフト
Photoshop
上記のソフトがサムネイルの作成に多く使用されているソフトです。気になるのが無料と有料のソフトではどのような差があるのかというところです。

無料ソフトのcanvaは操作方法がとても簡単で5,000以上ものテンプレートを使用することができます。テキストの挿入・編集だけではなく、画像の色調補正もできるため無料ソフトとは思えない機能が多く搭載してあります。無料ソフトの中でも作業の幅が広く、人気が高いです。

有料ソフトのPhotoshopはデザイン面がどのソフトよりも長けており、Youtubeやデザインのお仕事を行うなら誰しもが使用していると言っても過言ではないソフトです。テキスト挿入・切り抜き・背景の加工はもちろん、Photoshop限定のプラグインを使用することで多種多様なサムネイルを作成することができます!

 


4.サムネイルにおすすめの拡張子は?

拡張子イメージ写真

みなさんは「JPG」「PNG」をよく見るかと思います。

一般的に使用されているのは「JPG」です。だからと言って、サムネイルを保存するときも「JPG」だと考えていませんか。サムネイルを保存するときは基本的に「PNG」で書き出します。

 


 

関連記事

SANKUスクール|杉並区世田谷区のパソコン教室

ANNWNのお役立ちコラム前編です。今回は、動画編集だけでなくパソコンを触る上で理解しておきたい「拡張子」について記事に…

 

大きな理由としては画像が劣化の有無です。

「JPG」はファイルサイズが小さいですが保存する度に画質が劣化していってしまいます。しかし「PNG」はファイルサイズが大きいものの、画質の劣化がほとんどなく文字などもはっきる見ることができます。

 

基本的にはサムネイルの保存は「PNG」で行いましょう。

 


5.サムネイル作成の外注化もOK!

実はほとんどのYoutuberは外注でサムネイルを作成しています。外注の最大のメリットは「時間を作れる」といったところです。

サムネイルの作成は意外と時間がかかるため、動画の作成が滞ってしまう懸念点があります。その為、ある程度人気があるクリエーターは、サムネイル作成を外注している外注しているケースがほとんどです。

 

 

まとめ

如何だったでしょうか。

今回はサムネイルの作成に関して重要な点を5選ご紹介しました。

 

・適切なサムネイルのサイズは「1280×720」

・コミュニティガイドラインに沿ったサムネイルを作成する

・サムネイルの拡張子は「PNG」がおすすめ

・サムネイルを作成するおすすめソフトは?

・サムネイル作成は外注してもいい?

 

 

サムネイルは動画のクリック数にもつながります。いいサムネイルを作ればその分クリック率も上がり、再生数を伸ばすことができます。今回の記事はサムネイル作成の基本的なことなので、ぜひ参考にしてサムネイル作成に取り組んでみてください。

 

 

 

 

 data-src=お問い合わせ" width="1280" height="720" >

お問い合わせ

SANKUスクールへの質問や入会ご希望の方はこちらのWebフォームからご連絡下さいませ。
通常お問い合わせから2日~3日以内に返信が届きます。