【動画編集にもタブーはあるの!?】動画編集で注意するNG行為4選!

  • 2022年3月10日
  • 2022年3月11日
  • コラム
  • 15回
  • 0件
「動画編集制作においてタブーなんて存在するの?」そう思ったことはありませんか?

これを知っておけば最小限の労力で動画編集が可能になり、しかもクライアントからの好印象獲得間違いなし!フリーランスとしての活動も満足にできちゃいます! 何がよくて何がダメなのか。

動画編集を行うにおいて役に立つ豆知識を、実際に体験したエピソードを踏まえていくつかご紹介していきます!
 
管理人
動画編集のタブーを徹底解説!

 

関連記事

SANKUスクール|杉並区世田谷区のパソコン教室

ANNWNのお役立ちコラム前編です。今回は、動画編集スクールについて記事にしております。最近は副業として動画編集を習得す…

SANKUスクール|杉並区世田谷区のパソコン教室

ANNWNのお役立ちコラム前編です。今回は動画編集に必要なPCスペックについて記事にしております。メモリやストレージ、C…

 

動画編集を行うにおいてのタブーは大きく分けて4

 

  1. 動画の目的が不明確

  2. フリー素材の乱用&テキストや背景の色合いの判別がつかない動画

  3. 過度な編集をしすぎる

  4. 自分の実力に見合っていない案件


動画編集で大切なことは、クライアントが求めている編集をしているかどうかが最重要です。
事前の打ち合わせで完成した動画のイメージや、雰囲気をいかに汲み取れるかで今後の活動が変わってきます。どれだけ経験を積んだプロのクリエイターでも、1発でクライアントに満足してもらうのは至難の業です。

長い時間をかけ、自分に見合った動画編集を心がけましょう。  

 

 
見習い
クライアントに満足してもらうにはどうすればいいんだろう?
 
 
管理人
まずはミーティングでクライアントが何を求めているのか知るのが一番大事だね。
そこが決まらないとお互いやりづらくなるよね。

 

動画の目的が不明確なまま作業に取り組む!

 

コンセプト

基本的には動画編集を行う前にクライアントとミーティングをおこないます。
そこでは制作物の最終的なイメージや、どのターゲットに向けた動画にしたいのかなどをヒアリングします。


つまり、目的がはっきりしないまま制作に取り掛かっても、内容がブレてしまったりイメージが湧かなくなって作業に遅れが出てしまったりします。
例えば、「サービス拡大を狙った広告動画」と言った注文であれば、Youtubeなどに流れている広告動画とイメージがつきますよね。イメージが固まっていれば編集作業も効率よく行えるでしょう。

動画編集を行う前に、どんな目的で動画が必要なのかを明確にしてから動画編集に取り組みましょう。

 

②フリー素材の乱用&テキスト(テロップ)や背景の色合いの判別

動画編集作業にはテキスト(テロップ)の制作はもちろん、フリー素材を用いた背景の制作はかなり多いでしょう。
比較的、作業量は少ないですがここで油断をしてはいけません。

一歩間違えるとクライアントからのクレームになってしまいます。


例えばフリー素材の写真のみ使用し、テキストも一色。度々背景と同じ色のテキストまである。
そんな動画を想像してみてください。テキストが背景と同化し、誰もがフリー素材を使用している。そんな動画、なんだか安っぽいと感じませんか?

そしてそんな動画を納品されたクライアントを想像してください。憤怒間違いなしです。

 

そもそもテキスト(テロップ)は背景と同系色になってはいけません。例えば「黄色+水色」の組み合わせは、「明るい色+明るい色」の組み合わせなので大変見づらいとされています。 基本的には「明るい+暗い」を意識したテキスト(テロップ)作りを心がけましょう。  

 

 
見習い
テキストの色合い1つ1つが重要な役割を果たしているんだね
 
管理人
クライアントやその動画を見たユーザーが見やすいように意識することが大事なんだ

 


 

【動画編集にもタブーはあるの!?】動画編集で注意するNG行為4選!

 

 data-src=お問い合わせ" width="1280" height="720" >

お問い合わせ

SANKUスクールへの質問や入会ご希望の方はこちらのWebフォームからご連絡下さいませ。
通常お問い合わせから2日~3日以内に返信が届きます。