【動画編集にもタブーはあるの!?】動画編集で注意するNG行為4選!〜後編〜

③過度な編集を避ける

動画編集はエフェクトを付けたり効果音を付け加えたりして動画そのもののクオリティを上げるのが一般的です。

画面の切り替わりや、リアクション時の音などがあるからこそ面白い動画が出来上がります。 ですがエフェクトを入れすぎたり、効果音を付けすぎることで見にくい動画になってしまうので注意が必要です。 エフェクトと効果音が多すぎることで動画そのものの情報量が多くなり、見ているユーザーが飽きてしまうこともあります。

逆に少なすぎても情報量の少なさで早々に飽きられてしまいますので、丁度良いバランスを保ちつつ動画編集をおこなうよう意識してみましょう。「テキスト:エフェクト:効果音」のちょうど良い比率は、「5:2.5:2.5」くらいを目安に行えば見やすく飽きにくい動画を作ることができます。  

「テキスト:エフェクト:効果音」のちょうど良い比率は「5:2.5:2.5

 

④自分に合った案件を受注する

ある程度の動画編集が可能になり自信がついたら次は実際に受注をしてみましょう! と、なるのが普通だと思いますが、受注する際の注意点がいくつかあります。

まず1つ目は、大型案件や大手のタレント・Youtuberの案件は避けるようにしましょう。報酬が高い案件は、大手のプロダクションや事務所からの依頼がほとんどです。報酬が高い=それなりのクオリティを求められることは間違い無いでしょう。まずは報酬が低くても、自分の実績を上げるためにも少額の案件からこなしていくのがベターです。

そして2つ目は、案件を多重して受注しないことです。1つの案件が終了したら次の案件を受注するようにすることで万が一の場合でもなんとかなりますが、2.3案件程まとめて抱えてしまうと内容が混在したり、納期の遅延の原因にもなってきてしまいます。 自分のペースに合った方法で受注をするよう心がけましょう。  

 

 
管理人
納期の遅れだけでもクライアントから見放されちゃう事もあるので注意!

 

まとめ

如何でしたでしょうか。動画編集を行う上でのタブー、気を付けなければいけない点など様々ある中で、私が実際に体験した内容を記事にしてみました。

気を付ける事は4点、

  1. 動画の目的をあらかじめ明確にしておく
  2. フリー素材の乱用&テキストや背景の色合いの判別
  3. 過度な編集をしない
  4. 自分に合った案件を受注する

 

これから動画編集を始め用としている方。最近動画編集を副業にした方は本記事を参考に動画編集LIFEをおくってみてください。 「ある程度習得したけど不安だな…」と感じている方はぜひSANKU動画編集教室に足を運んでみてください!  


【動画編集にもタブーはあるの!?】動画編集で注意するNG行為4選!

 data-src=お問い合わせ" width="1280" height="720" >

お問い合わせ

SANKUスクールへの質問や入会ご希望の方はこちらのWebフォームからご連絡下さいませ。
通常お問い合わせから2日~3日以内に返信が届きます。